*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


韓国手話クラスで話題が出ました!
外国人にとって困るのは、「あほ」「ばか」の使い分けだそうだ…
大阪なら「あほ」は愛嬌があって嫌みがないのですが、「ばか」だと怒りだすし、東京では反対。
確かにまぎらわしい!皆さんの意見もたくさん出ていて盛り上がりの話になっていましたね

調べてみますと、時に入れ替え使えても、根本的なところが違うんですね!

大阪では、『あほ』はシャレでも言えますが、『バカ』は冗談では言いません。関東の人は「アホ」と言われると非常に侮辱されたと感じる場合が多いし、関西の人は「バカ」と言われると非常に見下されたと感じる場合が多い。ややこしいのが北海道で、移住した人々がそれぞれに「バカ」「アホ」その他の言葉を持ち込んだのだが、地域によってどの言葉がより厳しい表現なのかが異なっている。


「おばか」と「あほやな~」はある意味では似てるのですが微妙に違うそうだ。

「アホの坂田」は関西人は一人もバカにしないどころか皆親しみを込めて認めていますし、本当のバカとは誰も思っていません。
関東には「ばかの○○」と言う芸人さんは存在するわけ無いですね。

ただし、関西人がここは関東だからと単純にアホとバカを置き換えるととんでもない結果になります。
関西人と関東人の誤解しあう場面の典型です。

私が子供の時は、「バカ!アホ!マヌケ!」全部言いました~(笑)



スポンサーサイト


この記事へコメントする















QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。